不動産調査のご案内
ホーム > 不動産調査のご案内

不動産調査のご案内

基本調査

1. 価格調査

不動産鑑定士が第三者の立場から適正な価格水準を調査します。
不動産鑑定業界が保有する、何十万件にも及ぶ成約事例情報を基に適正な土地・建物・マンションの相場水準を把握し査定します。

2. 物理的調査(住宅診断・土地診断)

土地や建物に瑕疵、欠陥、不具合がないか調査します。

調査項目

 建物の目視調査による破損や瑕疵の有無、リフォーム必要性の有無
 建物の傾斜の有無
 基礎の破損やクラックの有無
 土地の境界標の有無及び越境物の確認
 建具、雨戸、窓枠、戸袋の破損、開閉具合
 設備の状況と修繕・交換の必要性

3. 法的調査

対象不動産が法令に準拠しているか調査します。

調査項目

 建築基準法の道路に接しているか。
 建築基準法や都市計画法その他条例や地区計画等に準拠しているか。
 通常の使用や建替えを制限される権利が付着していないか。

オプション項目

地盤調査

SWS試験法や表面波探査法により地盤の土質や支持力の測定を行います。

ホームインスペクション

上記基本調査のうち住宅診断・土地診断をご希望の方への建物・土地部分の詳細調査を行います。
新築戸建住宅の欠陥や手抜き工事発見にも有効です。

土壌汚染調査

  1. 対象地に過去に工場が存在したか、過去の地図による地歴調査や行政機関への届け出の有無について調査します。(フェーズ1)
  2. 対象地の土地をサンプリングし、有害物質の有無を分析調査します。(フェーズ2)
  3. 対象地をボーリングし、地中の有害物質の有無を調査します。(フェーズ3)
* 一部の調査については提携会社が作業及びレポート作成を行います
お気軽にお問い合わせください!